Skip to main content

国連WFPは多岐にわたる専門領域の知見を持つシンクタンクや学術界と、長年パートナーシップを結んでいます。

緊急事態への備え、栄養、食糧安全保障、セーフティネット、食品の安全性、サプライチェーン管理、ロジスティクス(物資輸送)、公衆衛生農村開発など、連携する団体は独自の知見をもたらし、飢餓のないの世界に向けた道を切り拓いてくれます。こうしたパートナーシップの多くは、特定の地域における調査研究に基づいたものです。

専門分野を持つ組織と連携することで、国連WFP は最新の調査研究を学び、実際の人道支援や開発支援の課題に適用することができます。例えば、早期警報データの分野では多くの組織と連携していますが、共有された分析や手法をすぐに国連WFPの危機対応に活かすことができます。一方、国連WFPは現場の職員を通じて現地社会との強いつながりを持っており、研究者を現場へと繋ぐ橋渡しをすることができます。

こうした連携から得られた調査研究は、世界、各国及び地域レベルの政策立案者に情報提供され、飢餓と栄養を地球規模課題に据えることに貢献しています。気候変動から強い地域社会づくりまで様々な分野にわたり、これらの調査研究はアドボカシーに利用され、事実に基づく政策立案を促し、支援活動の根幹をなすものとなっています。

国連WFPのパートナーシップの約16パーセントは、学術界やシンクタンクとの間で結ばれたものです共同研究を行っている団体には、国際食糧政策研究所(IFPRI)、スイス連邦工科大学(SFIT)、ヨーロッパ中期気象予報センター(ECMWF)および米航空宇宙局(NASA)が含まれています。