Skip to main content

緊急事態とは、「ある特定の、もしくは一連の事象が、人的被害や生命・暮らしへの脅威をもたらしているという証拠が明白に示され、広範囲な地域で生活が混乱し、かつ関係政府が対応手段を持たない状況」であるとされています。
国連WFPは、紛争中や終結直後、もしくは災害などの状況で、50年以上にわたり数えきれないほど多くの緊急食糧支援を実施してきました。

国連WFPは人災か自然災害か、事態を避けられたかそうでないかを問わず、壊滅的な事象によって避難生活を強いられたり、家を失ったり、生計手段を奪われたりした何百万人もの人々を支援しています。何十年もの経験によって、緊急事態に対処するための他に例のない知見を積み上げてきました。これらの知見は、国連WFP の行動指針に基づいた支援計画の立案、そして緊急支援への備えと対応の仕組みの両方に活かされています。

60%
難民キャンプ以外の地域で暮らす難民の割合