Skip to main content

政府は国連WFPの主要なパートナーです。私たちは計画プロセスのあらゆる段階で、政府や地方自治体と協議します。

私たちは食糧支援自体を提供することもあれば、技術や物流の専門知識を提供することもあります。これらには常に各行政機関からの支援と協力を必要とします。さらには、国家内の緊急事態や開発プロジェクトに国連WFPの支援を要請しなければならないのは政府であるため、私たちの支援はそれぞれの国の形にあった、適切なものである必要があります。

多くの場合、政府は防災計画を策定したり開発援助を依頼する前に、国連WFPの各国の事務所に相談しています。

その国で国連WFPの貢献度が減っていく時には、政府自身がその後、プロジェクトを達成するために努力をしていけるかどうか評定します。

国家が国の統制ができないほどの政情不安に陥っているような例外的な状況においてのみ、国連WFPは政府からの要請なく支援に入ることができ、その後は国連事務総長の特別な要請で支援活動を続けることができます。